Tin Nóng

子犬に与えてはいけない食べ物

Tìm kiếm

Tin xem nhiều

超小型・小型犬におすすめなドッグフードの選び方

近年大人気で飼っている人も多い超小型・小型犬。 小さくて可愛らしい愛犬だからこそドッグフード選びは特に注意したいところだと思います。 犬種別や環境別など様々な種類があるので選ぶのも大変ですよね。 ここではそんな超小型・小型犬向けおすすめドッグフードと選び方を紹介していきます。


超小型・小型犬向けドッグフード選びのポイント



数多くあるドッグフードの中でどんな小型犬向けドッグフードを選べばいいのか。 以下の4点をチェックしておきましょう。

ライフステージ
食いつきの良さ
(キブル)の大きさ
犬種別ドッグフード

この4点をチェックしておくことが小型向けドッグフード選びに重要なポイントになります。
当ページでは、犬種ごとにドッグフードの選び方を解説しているページもございますので、もし飼われているワンちゃんの犬種が当てはまる場合は、こちらのページも参考にしてください。

主な超小型犬種 

ポメラニアン
ヨークシャーテリア
トイプードル
チワワ
主な小型犬種

パピヨン
ミニチュアシュナウザー
マルチーズ
ジャックラッセルテリア
ミニチュアダックスフンド
フレンチブルドッグ
パグ
シーズー
ミニチュアピンシャー

犬種が当てはまらない場合や雑種犬の場合は、以下でドッグフードの選び方を解説していくので参考にしてみてください。

ライフステージに合わせて選ぶ

子犬
成犬
老犬

どのサイズの犬にもいえることですが、ドッグフード選びにはまずライフステージで選ぶことが重要になります。 ライフステージによって必要なカロリーや栄養素には違いがあり、それに合わせてドッグフードも作られているからです。

運動量や基礎代謝は年齢と共に徐々に低下していくので、子犬用ドッグフードよりも老犬用ドッグフードのほうがカロリーが低めになっています。 例えば子犬期の小型犬に老犬用のドッグフードを与えても、必要とするカロリーを摂ることができませんし、逆に老犬に子犬用ドッグフードを与えるとカロリー過多になってしまいます。

食べる量で調整する方法もありますが、基準よりも多めに与えてしまうと消化に負担をかけることになりますし、逆に少なく調整しようとすると量的な問題で満足させてあげられなくなってしまいます。 そういった意味でライフステージに合わせたドッグフード選びは最初に抑えるべき重要なポイントなのです。 



小型犬は食いつきにムラが出やすい

超小型・小型犬は犬の種類の中でも食べムラが多い種類になります。 せっかく選んだドッグフードも食べてもらえなければ意味がありませんし、 犬の健康維持にも関わってくる重要な問題です。 そういう理由から特に小型犬に関しては食いつきが良いドッグフードを選ぶことが大事なポイントになります。

犬は雑食ではありますが元々は肉食の動物なので、 主原料になにを使用しているか確認するようにしてください。 原料の表示は多く含まれているものほど先に表記されているので、 肉類(鶏肉など)を多く使用しているドッグフードを選ぶようにしてみてください。

中にはコーンなどの穀物の割合が多いドッグフードもあります。 だめというわけではありませんが、やはり食いつきというポイントを考えると肉類を主原料としているドッグフードを選ぶ方が好ましいです。 穀物などをメインに使用していても、 旨み成分などを配合しているドッグフードもあるので一概に肉類が良いと言い切れない面はあります。

個体差もあるポイントとなるので難しくはありますが、 なるべく肉類を使用しているドッグフードを選び、愛犬の食いつきなどをチェックして最適なドッグフードを選んであげてください。

小型犬でも食べやすい粒(キブル)の大きさを選ぶ

超小型・小型犬は他のサイズの犬に比べて口やアゴが小さいです。 ドッグフードを選ぶ時は噛み砕きやすいサイズの粒になっているドッグフードを選ぶようにしてください。

小型犬は歯垢や歯石のトラブルが比較的多く 、歯磨き効果もある噛み砕くという行為が非常に大事になります。 ドッグフードには小型犬でもしっかりと噛み砕くことができるサイズにしてあったり、サイズだけでなく噛み砕きやすい形状にしたりなど様々な工夫がされています。

歯のトラブルだけでなく消化器官への負担も軽減することができるので、 噛み砕きやすいサイズや工夫が施されているドッグフードを選んであげてください。

犬種別の専用ドッグフードを選ぶ

超小型・小型犬は、他のサイズの犬種に比べて犬種別でのドッグフードが多く展開されています。 (チワワ用やダックス用など)

犬種別ドッグフードは、その犬種に必要な栄養素はもちろん、 特徴やなりやすい病気などを考慮して作られています。

特に疾患やアレルギーなど問題を抱えていないのであれば、犬種別のドッグフードを選んでみてもいいと思います。 その際も、主原料に何を使用しているか、噛み砕きやすい粒(キブル)になっているかの2点はしっかりと確認してあげてください。

超小型・小型犬向けおすすめドッグフード


ライフステージ別に超小型・小型犬向けのドッグフードを紹介していきます。 食いつきや栄養バランスなど総合的に優れたドッグフードを厳選したので、ドッグフード選びの参考にしてみてください。

子犬用:超小型・小型犬向けドッグフード

超小型・小型犬の子犬におすすめなのがロイヤルカナン エキストラスモール ジュニアです。 子犬は消化器官も成長途中なので、 消化に負担を与えないように消化性の高いたんぱく質と様々な食物繊維を配合しています。

成長期の子犬に必要なカロリーを十分に含んでおり、健康を考えてバランスよく栄養素を配合しています。 歯の健康維持の為の成分も配合しており、 歯垢・歯石の蓄積を抑える作用があるのも魅力的なポイントです。

食いつきの良さも評判が良く、 コストパフォーマンスにも優れたドッグフードです。

成犬用:超小型・小型犬向けドッグフード

超小型・小型犬の成犬におすすめなのがプロプラン 今の健康を維持 -6歳 チキンです。 小型犬に適したたんぱく質を使用しており、筋肉や骨、関節などの総合的な健康のサポートが考慮されているドッグフードです。

小麦アリューロンが腸内の善玉菌を増加させることによって、 腸内の健康維持と便の匂いを軽減させることができます。歯の健康維持の為にカルシウムも配合されており、粒を三角形にすることによって歯石の蓄積の抑制も可能です。

主原料にチキンを使用しているので食いつきの評判も良く、 コストパフォーマンスにも優れた人気のドッグフードです。

老犬用:超小型・小型犬向けドッグフード

超小型・小型犬の老犬におすすめなのがユーカヌバ 7-10歳用 シニア 小型犬種です。 消化の良い動物性たんぱく質を主原料としており、健康的な筋肉をサポートしつつ、 腸内環境の健康も考慮した植物性のビートパルプを使用しているドッグフードです。

ユニークなS字の粒が歯にフィットすることによってクリーニング効果を発揮し、歯磨き効果だけでなく歯石の蓄積を抑制することができます。 歯垢の除去効果もあるので歯が心配な飼い主さんはチェックしておきましょう。

ビタミンEの抗酸化作用によって老化を軽減、免疫力の向上を図ることができ、グルコサミンなどによって弱った関節のサポートも考えられている優れたドッグフードです。 小粒タイプと超小粒タイプがあるので、 愛犬の口のサイズに合わせて選んであげてください。
Chia sẻ :